収益不動産の情報

収益不動産の見つけ方

収益不動産を選ぶポイント

長期的に毎月一定の賃貸収入のある不動産であるアパートやマンション、テナントビルのことを指すのが収益不動産です。そうなるとどのような不動産を購入するかが重要になりますが、そのポイントとしては立地、将来性、収益性の3つが挙げられます。入居者のニーズが将来的に見てもあるかどうかということです。これは物件だけではなく、地下鉄やバスなどの交通網、スーパーなどの商業施設、大学などの教育機関やや病院などの医療機関があるかなどです。これは生活インフラが十分であるほど入居者ニーズが高いと言えるからです。

支出よりも収入の多い不動産

所有している不動産には固定資産税が課税されます。所有しているだけでは、経済的にマイナスになりかねません。工夫すればマイナスではなく、プラスに転じる場合もあります。賃貸物件として有効活用すると、毎月の賃料収入が得られるからです。固定資産税を支出とすると、賃料は収入になり、支出と収入のバランスによって、収益の出る不動産になります。設備投資を最小限に抑えられるのも、賃貸物件の魅力です。土地のままの状態でも活用できます。

↑PAGE TOP