動かない資産の定義

動かない資産の定義には

不動産の定義について考える

不動産とは、読んで字のごとく、動かない資産のことを言います。不動産には、有形と無形があり、土地や建物は、もちろん有形ですが、賃借権や借地権は無形です。すべて価格があり、売却や購入が可能で、どちらも登記をして自分の所有物だと主張します。たびたび投資の対象としても扱われ、一般的に高額であるため、宅地建物取引業法、借地借家法、民法などの各種の法律に守られ、トラブルを抑制よう総務省、国土交通省が管理しています。

↑PAGE TOP