借地権とはなにか

借地権について詳しく知る

借地権のメリットとデメリット

借地権とは、建物の所有を目的とする地上権または土地賃借権のことで、借地借家法で定められています。メリットは、土地が自分の物ではないので、土地の固定資産税が掛かりませんし、土地を買わないので費用が安くなります。ただし、土地の賃借料を支払う必要があります。売却する際には、借地権付き建物として売却できます。デメリットとしては、契約時の特約で、建物の増改築や名義変更、譲渡に地主の承諾や手数料が必要であると定めることが多く、地主とのトラブルの原因となっており、資産価値も低くなります。

↑PAGE TOP