不動産の経営と情報

不動産経営ですべきこと

不動産会社の経営とノウハウ

不動産会社の経営を始めるにあたり、様々な物件に関する情報をマスターすることがオススメです。また、定期的に全国各地で開催されているセミナーや説明会などに参加をすることで、たとえ初心者であっても役立つ知識を身に着けることが可能となります。現在のところ、不動産会社の経営者の口コミがネット上でしばしば取り上げられることがありますが、定期的に便利な情報をキャッチすることが良いでしょう。その他、魅力的な物件の見分け方を理解したい場合には、定期的に色々な立場の人の意見を参考にすることが重要なポイントとなります。

不動産経営のポイントについて

不動産経営は憧れの不労所得といわれ、実際に”労働”は必要ないので、老後の私的年金として最適ですが、経営の視点は不可欠です。その時に気を付けたいのが儲かっているかどうかを示す所得と、実際のお金の流れ=資金繰りの違いです。家賃収入から必要経費を差し引いた利益を不動産所得といい、所得が出ると税金がかかります。初期投資に借入を利用している場合、毎月の返済のうち、元金部分は必要経費にはなりません。反対に、建物の本体価格は買ったときに全部が経費になるのではなくて、減価償却費を毎年計上します。家賃収入から支出を引いた、手元のお金に、返済のうち元金部分(経費にならない)を足して、減価償却費(支出していなくても経費になる)を差し引いたものが所得として課税対象になります。

↑PAGE TOP