不動産の経営と収益

不動産の経営のメリット

不動産経営で働かずに収益を得る

不動産経営とは、アパートなどを他人に貸すことで、賃貸料等によって収益を得ることです。その一番のメリットは、働かずにお金が入ってくることです。会社に勤めてお給料を得るためには、それに見合った「仕事」をすることが不可欠です。より多くのお給料を得るためには、それだけ多く働かなくてはなりません。しかしながら、不動産経営の場合は、一度部屋の借り主が決まってしまえば、あとは自分が何もしなくても賃貸料が入ってきます。FX等の他の投資方法のように、投資した額以上のマイナスになる(負債を抱える)心配もありません。

不動産経営は魅力ある投資対象

不動産経営は、魅力ある投資対象となっています。その理由は、物件を貸すことで安定した収益を得られるからです。もちろん、投資費用が大きくなるという点と、空室が生じるリスクがあるという点はデメリットです。しかし、うまくこれらのマイナスポイントをなくすことができれば、適度な位置管理をしているだけで定期収入が入ってきます。また、最悪の場合、不動産は売ることができるため、マイナスになる額を減らすことができます。これが株式投資であれば、ゼロになってしまうこともあるため、他の投資に比べると優れている投資といえます。

↑PAGE TOP